FC2ブログ
< 2019年03月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2019年05月 >
ホーム > スポンサー広告 > 夜間中学全国拡充に向けた院内シンポジウム 報告ホーム > 未分類 > 夜間中学全国拡充に向けた院内シンポジウム 報告

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

▲page top
コメント×  トラックバック×

夜間中学全国拡充に向けた院内シンポジウム 報告

2014年08月12日(火)

去る8月1日午後、衆議院第1議員会館で、「夜間中学等の
全国拡充に向けた国会院内シンポジウム」が開催されました。
(「夜間中学等義務教育拡充議員連盟」「全国夜間中学校
研究会」共催。)

5会派13名の国会議員など、約200名が集い、公立中学校
夜間学級を増やして学習環境を充実させる議員立法の成立を
求めました。

小5のときから不登校だった卒業生(大学卒業後、就職して
社会人)は「夜間中学に通えたのは、話しかけてくれた年配の
クラスメートや先生のおかげ」と語りました。

また、ミャンマーから第三国経由難民としてタイより家族で
来日した方と、日本で生まれ、いじめや生活苦から学校へ行け
なかったという在日韓国人の方が、卒業生として 自らの体験を
通して夜間中学の必要性を話しました。

被差別部落に生まれ、地元和歌山に夜間中学がないため、6年前
自主夜間中学に入って今も勉強しているという方からは「一日も
早く夜間中学を設置して欲しい。」という訴えがありました。

当会の三階泰子代表も会場から発言し、夜間中学の存在を広報する
取り組みなどを紹介し、また、横浜市が夜間学級5校を1校に
統合する方針を決めた際、全国から抗議署名が寄せられたこと
への感謝などを報告しました。

「夜間中学等義務教育拡充議員連盟」からは、衆参両院法制局と
相談し、法律のたたき台作成の作業に入る、秋の臨時国会で議員
間でも検討する、来年夏のシンポジウムまでに何らかの成果を
挙げていく、とのことでした。

8/2付けの毎日新聞神奈川版で報道されました。記事は、こちらから
ご覧になれます。(会員登録を求める画面が出るかもしれませんが、
無料で登録できます。)



スポンサーサイト

カテゴリ:未分類

▲page top

コメント(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
特殊文字
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。